Andreas Gursky




念願のアンドレアス・グルスキー展を見に、国立新美術館に行ってきました。
1点が私の背よりも大きい写真作品で、画集では味わえない迫力。
そして、すべてが等価に広がる独特の視覚世界。
久しぶりに見応えのある展覧会で、もう一回見に行きたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿