bologna Italy Part1


3月20日から2週間、娘と一緒にイタリアのボローニャとローマに行ってきました。
目的は旦那さんの展覧会を見に行く事と、ワークショップのお手伝いです。
アリタリア航空で13時間のフライト+ローマで乗り継ぎ2時間+ボローニャまで1時間のフライトの旅。
小学生にとっては大変なフライトだったけど、最後まで頑張りました。


ホテルでの朝食。ハム、チーズ、甘いパン、カプチーノ。


今回、個展が開催されるボローニャ現代美術館、通称”MAMbo"。


美術館の入口。ボローニャの街は、回廊が多く、雨でも傘がいりません。


美術館のエントランス。以前は大きなパン工場だった建物を美術館に改装したそうです。


個展会場の入口。1週間前から、アトリエとして公開制作しています。


初めての海外で緊張していた娘さん。やっと、父に会えて安心できた様です。


美術館のブックショップのウインドウ、開催にむけて本を飾ってくれています。


美術館の学芸員さんの、ワークショップに参加。イタリアの小学生と一緒に参加した娘さん。イタリアの子供達は、質問や意見が活発に交わされます。
さすが日本の小学生、人の話を聞く時は、一人だけきちんと三角座りです(笑)。


今回の内容は、新作の絵本”WORKMAN STENCIL"のステンシルを使って、ダンボール箱に絵を描きます。


見本にとらわれず、皆ステンシルを使って、色々な動きのある”WORK MAN”を描いています。


出来上がった皆の作品。人間を上手く描く事は難しいけれど、ステンシルが体のパーツごとに分かれているので、絵が苦手な子でも色んなポーズが描けます。

0 件のコメント:

コメントを投稿