lucie rie exhibition


偶然、ルーシー・リー展が開催されてることを駅のポスターで知り、帰りの時間を延ばして静岡美術館へ。陶芸作品で久しぶりに感動。全て欲しいと思うくらい釘付けになった。繊細な薄さと美しい揺らぎのある歪み。色は特にピンクが、甘ったるくなく品があり、そこに細く入ったエメラルドグリーンとの対比。これってルーシー・リーしか出せないのではないかなと思う。晩年には陶芸にも挑戦してみたくなった。

0 件のコメント:

コメントを投稿